兄弟車

2013.1.11|アルファード

かつてトヨタには、レビンとトレノと言うクーペモデルの自動車が存在しました。この2台はデザインが若干違うだけの兄弟車、もしくは姉妹車として親しまれていました。
このような発売方法は、自動車ではめずらしいものではありません。

 

最近では、タウンエースノアとライトエースノアであったり、ノアとヴォクシーと言うようなミニバンでの兄弟車が目立つようにもなりました。
そしてこのアルファードにも、2代目から姉妹車が誕生しています。それが「ヴェルファイア」です。
これらは、プラットフォームをエスティマと共有していること、7人乗りと8人乗りのラインナップがあることなど、共通点が多いです。

 

また、当初はハイブリッドモデルの設定がありませんでしたが、のちに追加されたことも同じです。ただ、デザイン面は異なっています。
フロントのマスクがアグレッシブだったり、リアのライトにクリアテールを採用するなど、アルファードと比べて「若さ」を強調しているのがこのヴェルファイアです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。