打倒 エルグランド

2013.1.11|アルファード

buhin500

 

日産エルグランドの打倒を目指して開発されたのが、トヨタのアルファードです。この対決で売り上げで追い抜き、トップに立つことが出来たのです。その理由は、なんと言ってもそのエンジンにありました。

 

ミニバンといえば、それまでは大排気量のものばかりがラインナップに存在していました。ボディサイズの大さもあり、燃費が悪かったり税金が高いという面で、敬遠されがちでした。
そして、ライバル車エルグランドも、その例に漏れてはいませんでした。それを見抜き、アルファードは2400ccのエンジンを載せたのです。これが税金や車両価格などの面で、大当たりとなりました。その結果が、打倒に繋がったのです。

 

エルグランドもこれを受けて2500ccのエンジンを、のちにラインアップに組み込むことになりました。
それから、エスティマのプラットフォームをベースとして作られていたので、FF(前輪駆動)と、それがベースの4WDモデルが存在しています。
またハイブリッドモデルにおける4WDでは、補助としてリアのモーターが駆動するように設計されています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。