高級感を演出

2013.1.11|アルファード

昨今、どんな車にも高級装備を取り付けたモデルがあったり、逆に快適装備を取り払ったスパルタンなものであったりと、特別仕様車は珍しくなくなりました。
アルファードの2代目でも、同じように存在します。その内容は、ミニバンであるがゆえに「豪華さ」を意識したものとなっています。その代表的な例が「Prime Selection」と呼ばれるもので、何回かバージョンアップがされています。

 

パワーバックドアなどを搭載して、高級感を演出したものや、特別仕様の内装飾シェルを採用しながらも、値段を抑えて買い求めやすくしたモデルがあります。
それらの装備にプラスする形で、専用のアルミホイール、木目調の装飾のプラス、ドアミラーの特別仕様が成されています。しかし、3500ccエンジンモデルと一緒に設定されることになった、2400ccには、これらが存在しないことがあります。
このように、もともと高級感や豪華さをイメージしているアルファードに、さらに要素をくわえたのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。