特別仕様車

2013.1.11|アルファード

自動車には昔から「特別仕様車」が存在していることが、めずらしくありません。それらは、ベースモデルや普通のグレードと違って、装備が豪華なものになっていたり、誕生から何年かの記念モデルがあったりします。また逆に、装備を省いたレース仕様のものだったりするのです。人とは違った車に乗りたい、または、その仕様を必要としている人向けにつくられています。

 
このアルファードにおいてもそれは同じであり、特別仕様車として「ロイヤルラウンジ」と呼ばれるモデルが登場しています。標準車との違いは、3列目のシートを取っ払ったことにあります。
代わりに、2列目のシートをキャプテンシートと呼ばれる豪華なものにしています。
さらに、足元のスペースは、高級セダンをしのぐほどの広さとなっています。
パワーシート、読書灯の採用など、さらに豪華なアルファードを目指してつくられたモデルで、より高級志向を目指すユーザー向けと言えます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。