燃費や税金で有利

2013.1.11|アルファード

アルファードは、日産のエルグランドに真っ向から対向するべく、つくり出されたミニバンです。これの登場までは、レジアスやグランドハイエースといった車両でチームを組んで、勝負を仕掛けていました。しかし、それでも売り上げに及ばず、苦い汁を舐めさせられました。この屈辱をはらすため、に開発されたのです。
2代目エルグランドの発売翌日に登場させるという、明らかにライバル意識をむき出しにした販売方法がとられました。

 

それから、燃費や税金などの規制面で有利な、2400ccのエンジンを搭載したことによって、売り上げを爆発的に伸ばしました。このセールスによって、それまで手の届かなかったライバルをついに抜き去り、ミニバンの売り上げでトップに躍り出たのです。
また、後に2500ccのエンジンがエルグランドのラインナップに追加されるなど、あたえた影響も大きかったのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。