乗り降りのしやすさ

2012.9.26|購入前にチェック

ミニバンに限らず、車は人を乗せて走るものですから、その乗り降りのしやすさはとても大切。小さい子どもを載せたり、おじいちゃん、おばあちゃんを載せたりすることもあるミニバンであれば、なおさら、その部分には気を配りたい部分です。

乗り降りのしやすさをチェックする時には­、2列目シートへの乗りこみがしやすいかどうか、3列目シートへのアクセスがしやすいかどうかというように、いくつかのポイントに分けて見ていくとチェックミスがなくなります。

では、どのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。まず、地上からフロアまでの高さがどれくらいあるのかという点です。最近では床を低く設計している車も増えています。次に、乗り込む際のアシストグリップがどの位置についているのか、使いやすい形をしているかがポイントです。これらは、特に子どもやお年寄りの方たちの乗降が多い場合には大切なチェックポイントです。自分がどう感じるかだけではなく、子どもやお年寄りの目線で選ぶことが大切です。

また、3列目の使用頻度が高い場合、3列目へアクセスする際に2列目の操作が簡単かどうかといった部分をチェックしましょう。3列目に座る人が乗り降りする際に、毎回、手間がかかるようなことではストレスになります。

そして、乗降性に大きく影響するのが、ドアの形。ミニバンのハイルーフタイプでは、全てのモデルでスライドドアが採用されています。ロールーフタイプでは、スライドドアのものヒンジタイプのドアのものと2種類が混在していますが、やはり、乗り降りのしやすさを考えるとスライドドアはとても便利です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。