収納力

2012.9.26|購入前にチェック

ミニバンの使い勝手を決める要素のひとが、収納スペースがどれだけ充実しているか、またどれくらい実用性があるかです。

特に運転席まわりの収納スペースについては、実際に試乗してみて確認してみましょう。運転する時には何かと小物をどこかに置きたくなるもの。また運転をしていれば、カードや小銭、飲み物なども置く必要が出てきます。そのスペースが確保されているかどうかによって、運転席の使い勝手がずいぶんと変わってきます。また運転席と助手席の間、2列目や3列目のためにもどのような収納が用意されているか、実際に座って確かめてみましょう。どの車もあったらベンリだなという配置や形状などを様々に工夫を凝らしています。

また、ミニバンの売りは拡大した際のラゲッジスペースの広さです。テレビのCMなどで、自転車が2台並んで入っている様子をご覧になったことがある方も多いはず。これは3列目のシートを使わずラゲッジスペースを最大に広げる場合の使い方です。3列目シートは左右には跳ね上げてしまう方法のものと、床下に収納してしまうものの2つが主流です。どちらも一長一短があって、どんな種類の荷物を積むことが多いのかが選ぶべきタイプが異なります。

収納の実用性という点では、車に常備しておきたい荷物を収納しておくスペースが確保されているかも大切なチェックポイント。簡単な洗車のための道具、緊急時に必要な道具などをどこに入れておくことができるのかといった視点で車内の収納を見直してみましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。