種類1:ハイルーフタイプ

2012.9.26|ミニバンの基礎知識

日本のミニバンの代表的な存在ともいえるのがハイルーフタイプです。その全高の高さを活かして快適な室内空間と機能的なラゲッジを実現し多くの支持を集めています。このタイプは、頭上のスペースにゆとりがあるため閉塞感がなく2列目や3列目のシートでも窮屈さを感じません。また、大きな窓をとることで解放感すら味わうことができます。また、自転車ほどの大きさの荷物も積むことができる収納力の大きさも大きな魅力。まさにハイルーフタイプは、ミニバンに求められる性能をいかんなく発揮するサイズだと言えるでしょう。

ハイルーフタイプも、その全長の長さにより3つのサイズに分けられます。4400mm以下のSサイズ、4720mm以上のLサイズ。最も人気が高いのが、運転のしやすさと実用性のバランスに優れた中間のMサイズ。2リットルエンジンを搭載したセレナ、ステップワゴン、ヴォクシー、ノアなどがこのクラスに該当します。車両価格も200万円前半で、燃費も13~15km/lで経済性においてもバランスが取れているのが支持を広げている理由でしょう。最近ではSサイズも人気を獲得しはじめ、フリードが販売を伸ばしています。

ハイルーフタイプは頭上スペースと足もとにあるゆとりが大きな魅力で、各メーカーともその居住性の高さを競い合っています。運転席だけでなく後席の同乗者の乗り心地はもちろん、シートアレンジの多彩さも優れています。その分、各メーカーが競い合っているということでもあり、

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。