種類2:ロールーフ

2012.9.26|ミニバンの基礎知識

ハイルーフタイプに比べて全高を抑えているために、居住空間や荷室をどうしても多少なりとも犠牲にしなければいけないロールーフタイプですが、その大きな魅力は走りのパフォーマンスです。重心を低く抑えることができるため、その走行性能はハイルーフタイプよりも優れています。直進時もカーブの時も安定性が高く、アイポイントも低いため、これまでミニバンに乗ったことがないドライバーもあまり違和感がなく乗り換えができることでしょう。また、外観もどちらかというとハコ型になるハイルーフに比べ、スタイリッシュな車が多いこともこのクラスの魅力です。

ハイルーフタイプがスライドドア車ばかりであるのに対し、ロールーフタイプはスライドドアの車とヒンジドアの車と2種類が存在します。前者はドアの開閉が楽にでき開口部が広いため乗り降りがしやすく、小さな子どもがいるようなファミリーにはたいへん便利です。一方、後者はスライドドアと違って開口部の形の制約がないためデザイン性に優れており、また、スライドドアより車体を軽くすることができるため走行性能を高く保つことができます。重心が低いため安定性に優れ空力性能がハイルーフに比べて風の影響も受けにくく高速域で走った場合でも運転もし易いのも、このタイプの優れたところです。また、エンジンフィールがパワフルでスムーズな加速が可能になっています。ドライバーの楽しみと実用性が両立した車だと言う事ができるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。