ナンバープレートの色について

2013.1.30|車の基礎知識

ナンバープレートには、色が存在します。その色によって車がどのような分類になるかを判断することが出来るでしょう。
自動車で一番多く見られるのが白ですね。この白色のナンバープレートは、原の排気量が50cc以下の2輪車、3輪スクータなどや総排気量が20cc以下の3輪以上の自動車、排気量が20ccを超えて50cc以下それに、左右のタイヤのトレッド幅が50cm以下の車などが使用している白いナンバーでしょう。他にも、黄色、桃色、緑色、水色などの色が存在します。

黄色は、排気量が50ccを超えて90cc以下の2輪車になります。そして、桃色が90ccを超えて125cc、緑色では、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.8m以下、最高速度が15km/h以下の特殊な車に付かれる色です。そして最後に水色は、ミニカーですね。全長が2.5m以下、全幅1.3m以下、全高2m以下、排気量が20ccを超えて50cc以下となる自動車がこのような色になるでしょう。

このようにナンバープレートの色によって異なるので注意してください。ちなみに、地域によってはこれらの数値が違う場合あるので注意しましょう。場合によってはナンバープレートの変更をしないといけませんので注意してください。あと、排気量が変更されている場合、ナンバープレートも変更しないといけませんので注意しましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。