基本的な車のナンバープレートの配置

2013.1.30|車の基礎知識

車に付けられているナンバープレートがありますね。このナンバーの番号などは、いろいろと意味があるでしょう。それを説明していきます。

基本的にはナンバープレートは、上に地域の名前と3桁番号、そして下にかな文字と2桁の番号にハイフン、更に2桁の番号があるのが日本のナンバープレートの配置でしょう。海外なんかは、結構似ているのですがそれでもいろいろと違う部分がありますので注意してください。そして、今回は海外の話はしません。

まず、地域の名前がありますね。これは管轄支局などの地名を表記しています。要するに、どこで車を登録したかを表記していますね。だから、基本的にその自動車の持ち主は、その地域に住んでいることになるでしょう。まあ、基本的にということで、例外もあるので注意してください。そして、その隣の3桁の番号は、自動車の種類になっています。決められた数字があるので、それに当てはまった数字になっているでしょう。

次にかな文字です。これは簡単に言ってしまえば、自動車の使い方について記載されています。対応しているかな文字が一文字記載されているでしょう。そして、2桁の番号ハイフン2桁の番号ですが、これは登録番号です。必ずしも最初の2桁の番号は記載する必要はなく、「・」で表示も可能となっているでしょう。ただし、ハイフン後は必ず最後は数字にしないといけません。要するに「・・-・1」に最低でもしないといけません。
このようにナンバープレートの配置がされています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。