ナンバープレートの大きさについて

2013.1.30|車の基礎知識

ナンバープレートの大きさというのは、車の大きさによって変わります。と言うよりも、少し考えればわかりますね。大型車のナンバープレートを小型車に付けるとナンバープレートが大きすぎて邪魔になります。故に、しっかりと在ったナンバープレートの大きさで設置するようにしてくださいね。

基本的には、ナンバープレートの大きさは決められた大きさとなっています。基本的には3種類の形状があり、大型番号標は、縦220×横400(mm)の大きさ、中型番号標は、縦165×横330(mm)の大きさです。そして、小型番号標は、縦125×230(mm)となっているでしょう。基本的な自家用車は、小型番号標のサイズになっており、普通の人はこのナンバープレートの大きさをよく見ますね。しかし、大きなトラックとなるとナンバープレートのサイズが大きくなっていくので注意しましょう。ちなみに、普通の自動車に中型番号標以上のナンバープレートを付けることはありませんので注意してください。まあ、間違えることは無いでしょうがね。

このように、ナンバープレートの大きさがあります。通常の車は、大きさが変わりません。しかし、大きなトラックなどの車は、大きさが違うので見てみると良いでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。