2代目 ノア

2013.2.27|ノア

売れ行きが好調であった先代モデルのトヨタノアは、2007年に月間の販売目標を5000台としてスタートしました。

「キープコンセプト」のもと発売された2代目では、プラットフォームやセンターメーターを引き継いで採用してます。エンジンは改良され、すべてのモデルで平成22年度の燃費基準を、さらにプラス20パーセント実現することに成功しました。

 

他にもハンドルの裏に、指先のみでカチカチとシフトチェンジが出来る「パドルシフト」を採用しています。さらに世界初となる簡単に折り畳みと跳ね上げが可能になる「ワンタッチスペースアップシート」を搭載しています。ノーマルは先代と同じく5ナンバーですが、エアロパーツを取り付けたものは3ナンバーサイズとなっています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。