2代目の進化

2013.2.27|ノア

2代目ノアになり進化した部分と言えば、まずはエンジンがあげられます。トランスミッションがCVTになり、燃費の向上と静かさがアップしました。次に、トヨタの看板車両と言っても良いあのカローラ系とシャーシなどが共通となったのもポイントです。

 

それから、スマートエントリーシステムが搭載され、便利さが増しました。さらに夜の走行時にまわりが見えやすくなるように、フロントのライトがプロジェクター化されています。これによって、照らすことの出来る範囲が以前よりも広くなりました。最後に、ノーマルとエアロパーツモデルでナンバーのサイズが、それぞれ3と5に別れました。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。