走行性

2013.2.27|ノア

少し前まで「スポーツ走行」というものは、コンパクトハッチや、そのタイプのセダン、クーペなどが持っている色々な要素を活かして作り上げられるものとなっていました。しかし最近では、売れ行きが好調なミニバンにもそういったラインナップが存在します。2代目ノアも例にもれず、ヴィッツなどにも設定されている「G SPORTS(通称G’s)」というグレードが登場しています。

 

これは基本的なパーツから既に、通常とは異なっています。専用のアルミホイール、ブレーキパッド、ローダウンサスペンションなどを採用し、いかにも「走り」に向けたモデルとしているのです。また剛性アップや、床下の空力パーツ搭載のものもあり、直進安定性や乗り心地をレベルアップさせています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。