タウンエースノアとの違い

2013.2.27|ノア

初代のノアは、2001年にトヨタからタウンエースノアの後継車種として発売されました。前身との違いはまず、スライドドアを両側に採用したことです。これにより利便性が高まりました。それからプラットフォームを新設計にしました。これまでの後輪から前輪駆動へと変更され、これと4WDの2種類を選ぶことが出来るようになりました。デザインは面影を残していますが、エアロパーツを取り付けることを前提としたものになるなど、ドレスアップベースカーとしての販売も視野に入れたものとなっています。

 

また扉には安全装置がセットされており、窓を閉ずにドアを開けようとすると、途中でストップするようになっています。このように、安全性と言う面でも工夫がなされているのです。そして特別仕様車には、いろいろと専用の装備が充実しています。DVDでのボイスがついたワイドマルチAV、音声でのナビゲーションシステムが搭載されたバックモニター、補助的なシステムを採用したスライドドアクローザーのなどです。このように、いろいろなユーザーに配慮したモデルが誕生しています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。